タグ: AI

リーガル関連の会合(顧客獲得戦略に関するものも含む)で、私の話を全く理解できていなかった聴衆に対し、「ブロックチェーンについて聞いたことのある人はどのくらいいますか?」と質問したのはほんの少し前、2015年の中頃でした。幸いにして今では、そこにいた聴衆もそのほとんどがブロックチェーンという言葉を耳にしているでしょうし、それが何かを知っている人も中にはいるかもしれませんが……でも、本当に理解できているのでしょうか?

Tags: ,

続きを読む

徹底的な対立ではないとしても、デジタルサービスは頻繁に法の支配と衝突しあっている。ディープラーニングソフトウェアや自動実行型のコードといったテクノロジーが法的判断を主導するようになったら、一体どんなことが起こるだろう?

Tags: , ,

続きを読む

空中都市ができたり、宇宙旅行をしたり、(宇宙家族ジェットソンのように)空飛ぶ車で通勤したりするには、まだ少し時間がかかるかもしれません。しかし、かつては不可能な領域だと考えられていた概念、つまりAI(人工知能)が、現代の職場環境を変革しようとしています。テクノロジーが進化するにつれ、AIで構築・再設計されたツールやアプリが激増するでしょう。

Tags:

続きを読む

数年前、リーガル市場でAIの話題が広がりだした当初、弁護士という職がなくなるといった話があちこちでなされました。それから何年も、リーガルAIの話をすればまるでパブロフの犬の条件反射のように、「弁護士という職が終わりを迎えようとしている!今まさに弁護士の終わりが目前に迫っている!」というパニック気味の決まり文句が出てきました。

Tags: ,

続きを読む

集積するリーガル関連情報は、これまで以上に複雑化し、内容も微妙なニュアンスを含むようになっています。そうした中、コンピューターを使ったリサーチ・分析は、リーガル業務においてオプションというよりも必要条件となってきています。そのため、中にはロボット弁護士にリーガル業務を乗っ取られるのではないかと心配する人もいます。

しかし、リーガル業務に求められる正確さ・的確さのレベルが非常に高いこと、複雑かつ微妙なニュアンスが求められる業務の性質、テクノロジーができる事・できない事への理解の欠如を鑑みると、こうした恐怖はサイエンス・ファクトというよりも、むしろサイエンス・フィクションのように聞こえます。実際のところ、AI(人工知能)はすでに法曹界およびリーガル業務を向上させており、業務をより効率的・効果的にしてくれています。

Tags:

続きを読む

私達の働き方や職場の在り方が大きく変化しようとしています。テクノロジーの将来は不透明ではありますが、急激に変化しています。従来の職場環境の在り方が完全に消滅しようとしている今、モビリティ(機動性)を備えることがカギとなります。

弁護士は、常に変化する顧客のニーズに対応し、そのために必要な業務プロセスに順応する必要があります。現代の法律事務所が勝ち残るためには、テクノロジーの活用が重要かつ必要不可欠です。

Tags: ,

続きを読む