集積するリーガル関連情報は、これまで以上に複雑化し、内容も微妙なニュアンスを含むようになっています。そうした中、コンピューターを使ったリサーチ・分析は、リーガル業務においてオプションというよりも必要条件となってきています。そのため、中にはロボット弁護士にリーガル業務を乗っ取られるのではないかと心配する人もいます。

しかし、リーガル業務に求められる正確さ・的確さのレベルが非常に高いこと、複雑かつ微妙なニュアンスが求められる業務の性質、テクノロジーができる事・できない事への理解の欠如を鑑みると、こうした恐怖はサイエンス・ファクトというよりも、むしろサイエンス・フィクションのように聞こえます。実際のところ、AI(人工知能)はすでに法曹界およびリーガル業務を向上させており、業務をより効率的・効果的にしてくれています。

Tags:

続きを読む

私達の働き方や職場の在り方が大きく変化しようとしています。テクノロジーの将来は不透明ではありますが、急激に変化しています。従来の職場環境の在り方が完全に消滅しようとしている今、モビリティ(機動性)を備えることがカギとなります。

弁護士は、常に変化する顧客のニーズに対応し、そのために必要な業務プロセスに順応する必要があります。現代の法律事務所が勝ち残るためには、テクノロジーの活用が重要かつ必要不可欠です。

Tags: ,

続きを読む

リーガルテックの改革が、新しい機器を買って電源に差し込むだけで実行できるといったシンプルなものであればいいですが、現実には、適切なソリューションを用意するだけでは不十分です。

組織改革は個人の改革から始まります。つまり、新たなリーガル業務プロセスを断行するにせよ、新たなテクノロジーへと移行するにせよ、賢明なプロジェクト計画においては、その成功の定義に「新たな方法」の導入を掲げ、改革のマネジメント、つまり、人間側の改革にリソースをつぎ込むものなのです。

Tags:

続きを読む

  • 1
  • 2